「白洲次郎 占領を背負った男 上・下」北 康利著(講談社文庫)

d0060328_1255014.jpgd0060328_12607.jpg












あいかわらず、在庫本の消化作業をしてます。
次のお題は、「白洲次郎 占領を背負った男」
数年前にNHKがドラマ化したので、俄ファンも増えたが、
やっぱり白洲次郎はカッコイイ!!

「プリンシプル(原理・原則)」を重視し、
敗戦国の日本でGHQとの交渉役を務めた信念の人で、
その生き方全てがカッコイイ。

それに引き換え、GHQ民政局のケーディスを見るに、
空虚な理想主義で国と国民を迷走させて続けている
現在の民主党を見るようで強い憤りを覚える。

とりあえず、目指せ白洲次郎で頑張らねば!!

2012/5,6
[PR]
by deuxcentsix | 2012-02-05 12:16 | Book