「男たちの大和 上・下」辺見じゅん著(ハルキ文庫)

d0060328_022296.jpgd0060328_0221098.jpg












映画を見逃したので原作を買って、放ってあった「男たちの大和」
ちょっとイメージしてたのとは違い、戦艦大和と、
その乗組員達の生涯を描いたノンフィクション。
それ故、より一層戦争の事実を語っている。

西洋列強に追い越せ追い抜けと奮闘した戦前・戦中の日本。
冷静に現実を捉える人が居ても、時代の濁流に呑まれてしまった時代。
今も変わらぬムードに流されやすい日本人の気質に危うさを覚えた。

2012/8,9
[PR]
by deuxcentsix | 2012-02-25 00:22 | Book