コロバンショ

前の会社の時から、何かと雪国への出張の多くて、
スーツに革靴というカッコで雪道を歩くのは、
いくら北海道育ちと言ったって怖いのなんの・・・(;^_^A
(実際、一度会津若松駅前で転んで女子高生に笑われたし・・・)
そこで、今回新しい担当先に岩手と山形の会社があったので、
重い腰を上げて、根本的な対策を試みることにした。
(まぁ、単に冬靴を買ったとも言う(爆))



リーガルが北海道向けに開発した『コロバンショⅢ
これはブリ○ストンの発砲ゴムを使った云わばスタッドレス靴。
靴底を見ると、確かにスタッドレスのようになっているし、
実際、今週月曜に出張で北上(岩手)に行った際も全然滑らなかった。

ただ、この靴に関して面白いなと思ったことは、
この靴の「コロバンショ」というネーミング。
「コロバンショ」は、北海道で「転ばないでしょ!」を意味し、
北海道育ちのつかぽんは、オヤジギャクだなとは思うが、
小○製薬と同じで、判りやすくて、良いネーミングだと思っていた。

ところが、同じ雪国の福島県では、「コロバンショ」と言えば、
「転びなさい(or 転んで下さい)」の意味になるらしい。。。
同じ言葉でも全く逆の意味になるとは改めて言葉って難しいと思ったよ。
d0060328_1656457.jpg
[PR]
by deuxcentsix | 2006-01-09 23:50