d0060328_15151271.jpg大学時代、ゼミのTAに文屋っぽいと言われてたけど、
この本を読むと記者の仕事のエッセンスって、
営業にも人事にも大事なことだと再認識したよ。

2012/23
[PR]
by deuxcentsix | 2012-08-19 15:17 | Book

d0060328_1984182.jpg一人で日本にタリーズを普及させた松田公太氏の自伝。元々スタバよりタリーズの方が好きだったけど、よりタリーズで飲もうと思わせてくれたかな?問題は、三重県にタリーズがほとんど無いってことだけど…

2012/22
[PR]
by deuxcentsix | 2012-07-14 19:11 | Book

d0060328_14493767.jpg「沖縄はゆすりの名人」というセンセーショナルな文言と共に
一躍時の人となった前米国務省の日本部長ケビン・メア氏。

書いている内容は懸命な日本人なら薄々気付いている内容。
現状の民主党を考えると期待は出来ない状況ではあるけど、
沖縄のわがままで日本の国防が脅かされるのは本末転倒だよ。

2012/20
[PR]
by deuxcentsix | 2012-07-01 14:57 | Book

d0060328_20313126.jpgJR中央・総武緩行線と東京メトロ東西線のような
異なる鉄道会社間の相互乗入について書かれた本。
一応、鉄道は好きだけど、この本は深過ぎでした。。。


2012/19
[PR]
by deuxcentsix | 2012-06-03 20:22 | Book

d0060328_20304252.jpgこれも以前買った在庫本だけど、
こういう本が出版されてしまう企業体質が
崩壊を招いたことを分かってないみたいだね。
コーポレート・ガバナンスがまったく出来てない、
とことんダメな会社だわ。。。


2012/18
[PR]
by deuxcentsix | 2012-04-13 20:37 | Book

d0060328_22111950.jpg著者の経歴からちょっと期待していたのだが、
ちょっと日本政治を噛った人ならば、
当たり前の事実に終始しており、
期待外れな印象が強かった。

もう少し提言があっても良かったのでは?


2012/17
[PR]
by deuxcentsix | 2012-04-02 22:16 | Book

d0060328_23583034.jpgd0060328_2358374.jpg












「ハゲタカ」シリーズの完結編。
題名は変わっているが全2作の続編なので、
前作を読んでない人は手を出さないで下さい。

内容は、やや支離滅裂な鷲津政彦が気になるが、
前2作に比べてテンポが良く、サクサク読めました。
(単にストーリー展開に慣れただけ??)

ドラマや映画のハゲタカを面白いと思ったならば、
読んでみて損はないと思います。

ただ、全6冊で約2,700頁ってのはちょっとヘビーだね。。。

2012/15,16
[PR]
by deuxcentsix | 2012-03-28 00:05 | Book

d0060328_1459177.jpgd0060328_1459997.jpg












前作「ハゲタカ 上・下」の続編です。
当たり前のことですが、前作を読んでないと前提条件がさっぱりわかりません。
また、やっぱりTVドラマともかなり違っています。
細かく観ると前作の方が完成度が高かった気がするけど、これはこれで面白い。
上下巻合せて約900頁もあっという間だと思います。

2012/13,14
[PR]
by deuxcentsix | 2012-03-18 15:06 | Book

d0060328_1473144.jpgd0060328_1411319.jpg












読みかけだけど、ドラマと設定が全然違う…
まぁ面白いから良いんだけどね!
でも流石に約500ページ×2冊は重いね。。。

2012/11,12
[PR]
by deuxcentsix | 2012-03-10 13:58 | Book

d0060328_0523511.jpg











現役の人事担当からすると、ちょっと期待外れだったかな?
よくこの内容で、一冊の本を出版しようとしたなぁ〜
と違う意味で、ちょっと関心しちゃったよ。。。

まぁ人事の仕事に興味がある人には一助となるのかな?

2012/10
[PR]
by deuxcentsix | 2012-02-27 00:54 | Book