<   2004年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

試乗会

全くもって、おバカである(笑) 
大学時代の悪友が11年落ちのR32 GT-Rをコミコミ290万で買ったという話を最初に聞いた時もかなり呆れたのだが、実際にその車を運転して更に呆れてしまった。 
 
まず、この個体、GT-Rの専門誌に極上車として紹介されたというだけあって、ホイール&マフラーといった定番チューンすらされていない完全なフルノーマル車。おまけに、屋根付き車庫で保管されていたというだけあって、外観も11年という歳月を感じさせない美しい状態、しかも、走行距離はたったの40,000�強。元スカイライン乗りのつかぽんとしては、喉から手が出るほど欲しいくらいの個体である。  
で、実際に運転席に座り、アクセルを一踏みすると、RB26DETTの咆哮が…(爆) 
実はこの友人、以前はBMW325(E36)に乗っており、危うくつかぽんをBMWもろともあの世に連れて行こうとした奴である(注1)。その為、奴の助手席にだけは絶対乗らないという固い意志の元、GT-Rの運転席を占拠し、八王子郊外の宅地造成地に急行(笑)!周囲に怪しげなセダン&人がいない事を確認して、右足に力を込める。 
 
いやはや、メーカー公称280馬力。プリンスの元担当によると、工場出荷時320馬力以上というお化けマシン!!245/45/R17とか云うぶっといタイヤ(RE-01)をいとも簡単にホイールスピンさせて、物凄い加速をしやがる(笑)。全く、こんな車、日本じゃ必要ないだろうに!しかも、コーナリングもワインディングレベルだと完全なオン・ザ・レール感覚。こんな車を15年も前に開発した日産の技術力に改めて感心させられてしまった。 
 
そんなひと時の非日常体験を終え、ファミレスでお茶をして、友人と別れたのがAM2時前…。なんとなくそのまま駐車場に直行し、自分の206で家の周りをひと回り。1.6Lで108馬力しかないけど、車と一体になって意のままに操れる206はやっぱり楽しい。 
それだけを確認し、帰路についた。 
 
注1:箱根ターンパイクの下り左コーナーで、友人が運転するBMW325iがスピンし、対向車線側のガードレールに右リアをヒット。その反動でほとんど減速することなく、コーナーイン側のコンクリートウォールに助手席側からオフセット衝突。図らずしも、BMWの高い安全性を身を持って実感したクラッシュだった。
[PR]
by deuxcentsix | 2004-05-03 21:16 | Automobile

ドライブ

今日は、GWを利用して実家に帰省して来た大学の友達に誘われて、夜の都内をドライブして来た。大学を卒業してすぐ結婚したその友達は、奥さんと子供を連れて自分の実家に帰省したのはいいが、何とも言えない居心地の悪さに耐えかね、奥さんと子供が寝たのを見計らって、つかぽんに電話したらしい(;^_^A 
 
二人で都内を流しながら、仕事の話、家族の話、子供の話、友達の話…etcといろいろな話をしたけど、友達の話を聞いていて、守るべき家族がいる人間は考え方も堅実だなと妙に感心させられてしまった。また、子供の話をしてる友達を見ていると、苦労はあっても奥さんと子供のために頑張れる環境があるという事を、正直羨ましいと思ったよ。 
 
実感がないからそう思うのかな?
 
[PR]
by deuxcentsix | 2004-05-01 21:12