うなぎ

今日は、朝一で日本橋本町にある代理店でうちの事業部の製品説明会する予定だったので、雷が鳴る中、ぐしょぐしょになりながらも中央線の神田駅から小伝馬町間で歩いて行き、2時間に亘る説明会に参加。つかぽんはトップバッターだったので、約30分程度で午前中の仕事は終了〜(爆)その後は他のグループの説明を聞きながら、睡魔と必死に戦っていた…(;^_^A そして、3グループ目の説明が終わり、そのまま昼食会ということで、先方のセッティングで創業寛政年間(1800年)とかいう老舗うなぎ屋で、うな重をご馳走になる事に…(役得役得) 
 
昭和通り(国道4号)沿いにある「うなぎ・割烹 大江戸」というそのうなぎ屋は、なかなか歴史を感じさせるお店で、一階の食堂席で、2階、3階がお座敷席となっており、見るからに高そうな感じ…(^_^;;; 店に着くとすぐ3階のお座敷席に通されると、なんと席次が先方の社長の右斜め前とかなり居心地の悪い席だったが、じっくりうな重を堪能して来た(笑) 
 
そして、帰り際、お店のリーフレットを貰って来ると、食堂席の一番安いうな重でも2,100円で、極上になると6,300円…(;^_^A それを見て一瞬、背筋が寒くなったよ…(苦笑)
[PR]
# by deuxcentsix | 2004-06-30 22:21

嵐の渚園ライブ

弟の買い物に付き合ってヨドバシカメラに行って、ついつい衝動買いして来ちゃった(^_^; 
でも、台風の暴風雨の中でのLIVEだったにも関わらず、元気よく暴れ回っているB'zの二人とずぶ濡れになりながらも聞き入る観衆の何とも言えない雰囲気が伝わって来て、今更ながら行きたかったと思った(苦笑) 
 
でも、B'z FUN ならこの選曲を見たら行きたくなるよねぇ〜〜〜? 
 
*1日目 
アラクレ 
Pleasure 2003 〜人生の快楽〜 
BLOWIN’ 
OH! GIRL 
Wonderful Opportunity 
野生のENERGY 
TIME 
太陽のKomachi Angel 
GIMME YOUR LOVE 〜不屈のLOVE DRIVER〜 
今夜月の見える丘に 
Brotherhood 
Easy Come, Easy Go! 
月光 
恋心(KOI-GOKORO) 
 
*2日目 
Real Thing Shakes 
LOVE PHANTOM 
ZERO 
juice 
ultra soul 
IT'S SHOWTIME!! 
BAD COMMUNICATION 
愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない 
裸足の女神 
RUN 
 
どう?行きたくなったでしょ?(笑)
[PR]
# by deuxcentsix | 2004-06-20 21:19

試乗会

全くもって、おバカである(笑) 
大学時代の悪友が11年落ちのR32 GT-Rをコミコミ290万で買ったという話を最初に聞いた時もかなり呆れたのだが、実際にその車を運転して更に呆れてしまった。 
 
まず、この個体、GT-Rの専門誌に極上車として紹介されたというだけあって、ホイール&マフラーといった定番チューンすらされていない完全なフルノーマル車。おまけに、屋根付き車庫で保管されていたというだけあって、外観も11年という歳月を感じさせない美しい状態、しかも、走行距離はたったの40,000�強。元スカイライン乗りのつかぽんとしては、喉から手が出るほど欲しいくらいの個体である。  
で、実際に運転席に座り、アクセルを一踏みすると、RB26DETTの咆哮が…(爆) 
実はこの友人、以前はBMW325(E36)に乗っており、危うくつかぽんをBMWもろともあの世に連れて行こうとした奴である(注1)。その為、奴の助手席にだけは絶対乗らないという固い意志の元、GT-Rの運転席を占拠し、八王子郊外の宅地造成地に急行(笑)!周囲に怪しげなセダン&人がいない事を確認して、右足に力を込める。 
 
いやはや、メーカー公称280馬力。プリンスの元担当によると、工場出荷時320馬力以上というお化けマシン!!245/45/R17とか云うぶっといタイヤ(RE-01)をいとも簡単にホイールスピンさせて、物凄い加速をしやがる(笑)。全く、こんな車、日本じゃ必要ないだろうに!しかも、コーナリングもワインディングレベルだと完全なオン・ザ・レール感覚。こんな車を15年も前に開発した日産の技術力に改めて感心させられてしまった。 
 
そんなひと時の非日常体験を終え、ファミレスでお茶をして、友人と別れたのがAM2時前…。なんとなくそのまま駐車場に直行し、自分の206で家の周りをひと回り。1.6Lで108馬力しかないけど、車と一体になって意のままに操れる206はやっぱり楽しい。 
それだけを確認し、帰路についた。 
 
注1:箱根ターンパイクの下り左コーナーで、友人が運転するBMW325iがスピンし、対向車線側のガードレールに右リアをヒット。その反動でほとんど減速することなく、コーナーイン側のコンクリートウォールに助手席側からオフセット衝突。図らずしも、BMWの高い安全性を身を持って実感したクラッシュだった。
[PR]
# by deuxcentsix | 2004-05-03 21:16 | Automobile

ドライブ

今日は、GWを利用して実家に帰省して来た大学の友達に誘われて、夜の都内をドライブして来た。大学を卒業してすぐ結婚したその友達は、奥さんと子供を連れて自分の実家に帰省したのはいいが、何とも言えない居心地の悪さに耐えかね、奥さんと子供が寝たのを見計らって、つかぽんに電話したらしい(;^_^A 
 
二人で都内を流しながら、仕事の話、家族の話、子供の話、友達の話…etcといろいろな話をしたけど、友達の話を聞いていて、守るべき家族がいる人間は考え方も堅実だなと妙に感心させられてしまった。また、子供の話をしてる友達を見ていると、苦労はあっても奥さんと子供のために頑張れる環境があるという事を、正直羨ましいと思ったよ。 
 
実感がないからそう思うのかな?
 
[PR]
# by deuxcentsix | 2004-05-01 21:12

自分探し

今日は、ある光学機器メーカーの人事担当者と面談をして来た。 
内容的には極々普通の面接だったのだが、面接をしている最中、 
自分を客観視してる自分に気付いてハッとさせられた。 
 
正直、内視鏡の営業をしてる自分なんて全然想像出来ないし…
[PR]
# by deuxcentsix | 2004-04-30 21:14 | Work

エリートの彷徨

2004. 4. 24. Sat
エリートの彷徨

まだ、立場上あまり批判的なことを書くことも出来ないし、と言って、マスコミでも書けるようなことを書いても仕方がないので、ここでは三菱の常識について話すことにする。一般的に三菱と聞いてどんなイメージを抱くだろう?おそらく、財閥、堅い、官僚的、エリート集団…etcとあまり良いイメージは出て来ないと思う。 
 
実際、三菱グループの社員にとなるには、特別なコネがない限り、六大学クラスの大学を卒業することが最低条件であるし、評価も減点法で、個人よりも組織が優先され、結果よりも手続きが優先される。こうして改めて見ると、まさに官僚組織のそれである。 
その為、三菱グループで出世する為には、いかに失点を回避し、上司に気に入られるかということが重要であり、どれだけ仕事が出来るかということはあまり重要ではない。 
 
三菱自工の不幸は、そうした社内政治に長けた人間が責任ある立場に経ってしまったことである。おそらく、三菱自工にも数多くの優秀な社員がいたと思う。ただ、惜しむべきは、会社の命運を決するような判断をする立場の人が世間の常識が分からない人物だったということ。そして、そうした、本来、上に立つ資格のない人物が責任を取るべきポストに就いてしまったことが今回の不幸の始まりであったと思う。 
 
この続きは、呪縛が解けた時にでも(爆)!
[PR]
# by deuxcentsix | 2004-04-24 21:10